オンラインカジノ基本情報

オンラインカジノの税金について

オンラインカジノで検索されているキーワードとして非常によく挙がっているのが違法なのか?合法なのか?を調べられていますが、もう1つは税金がかかるのか?かからないのか?という問題です。

オンラインカジノは違法ではなく合法です。

詳しくはこちらの「オンラインカジノは違法か?合法か?」をご覧下さい。

オンラインカジノは違法か?合法か?オンラインカジノは違法か?合法か?これから始めようと思っている人はとても気になる点だと思います。ここではオンラインカジノが合法である理由などを説明しています。...

ライセンス制度を取得し国から認められたオンラインカジノをその国のルールに則って利用している以上取り締まられることはありません。

ですので違法か合法かで言えば合法ですので安心してプレイできます。

ただオンラインカジノには税金がかかるのかというと結論から言います。

税金はかかりますので注意してください。

ここではなぜオンラインカジノには税金がかかるのか?どのように計算をすれば良いのかや必要な手順や書類について紹介します。

なぜオンラインカジノに税金がかかるのか?

そもそもなんでオンラインカジノには税金がかかるのか?ということですが、これは多くの人が勘違いをしていて、ギャンブルで稼いだお金は法律的に「一時所得」としてみなされ、課税の対象になります。

つまりオンラインカジノにだけかかるというわけではなくて競馬や競輪、パチンコやスロットだけではなくて懸賞や福引きの賞金などにも税金を支払う必要があります。

でもパチンコやスロットや競馬などで税金を払っているなんて聞いたこともない人がほとんどでしょう。

そもそも支払う必要がなかったという考えの人がほとんどです。実質的に見るとオンラインカジノに“だけ”払う必要があるのでしょうか?

それはオンラインカジノの場合海外サイトを利用しており、一度送金をするのに銀行などを経由する必要があります。

またお金を引き出す時も銀行を経由しなければいけません。

つまり記録に残ってしまうためです。

パチンコや競馬は勝金を現金で受け取りますので、銀行などの記録に残りません。

記録が残らない場合、お金の流れを把握することが出来ないため取締るのが難しくなってしまうため甘く見逃されているのが現状です。(※ちなみに宝くじの場合はすでに税金が天引きされて銀行に振り込まれています。)

例えば過去に数千万円の万馬券を当てたことで銀行に預けることにしたところ、税務署の調査が入り、納税することになったニュースが過去にあります。

オンラインカジノは銀行や小切手などで記録がどうしても残ってしまうため税務署がお金の流れを把握しやすいため、納税をしないと追求されてしまうのです。

オンラインカジノを利用する際には税金が発生してしまうということだけは頭に入れてから利用するようにしましょう。

納税の申告の為に確定申告を行う

オンラインカジノで収益が上がり確定申告を行うことになった場合、大抵の人はどう納税すればいいのか分からないと思います。

経理関係に勤める人ならばまだしも企業に勤めている人はこれまでに確定申告をしたことがないという人は多いです。

それでもオンラインカジノは個人で勝ち取った金額であるため自分で確定申告をしなくてはいけません。

課税金額の算出方法

まず最初にオンラインカジノというのは一時所得に含まれてい一時所得の計算式は

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

儲けから掛け金を引いてさらに特別控除額を引いた金額が一時所得です。

儲けが50万円以下の場合はそもそも申請をしなくて大丈夫ですが、オンラインカジノは還元率が高く、当たった時のバックも大きいので50万円を超えて儲けが発生してしまうことも珍しくありません。

気をつけなくてはいけないのは一時所得の計算式は、所得が発生したときのみ適応されます。

税金としての考え方は勝ったときの支出しか【支出金額】には当てはまらないのです。「勝つたびに課税される」と考えると思っていいです。

そのため1年間の収支で考えてしまうと計算が間違ってしまってやり直しとなってしまいます。

オンラインカジノをプレイするときは必ずいくら使って儲けが出たことをまめに記録する必要があります。

確定申告に必要な書類

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

支払い調書に関してはオンラインカジノに直接問い合わせればカジノ側も分かっているのですぐに用意をしてくれます。

自分で収支明細をプリントアウトするのは面倒ですのでオンラインカジノ側にお願いをして見ましょう。

書類を用意すれば後は確定申告をするだけです。

最初は難しそう、面倒と思ってしまいますが税務署に直接電話をして聞いておけば大丈夫です。

ただし、確定申告シーズンはかなり混んでいて電話が繋がらない時間が続くのでなるべく早く聞いておくことが大切です。

税金のかかる時期と申告時期

税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が当てはまり、翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をしなければいけません。

2018年の6月からオンラインカジノを始めたという人は同年の2018年の12月31日までの収入を2019年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をします。

たとえば、2016年の5月にオンラインカジノを始めた方は、2016年の12月31日までの収入を2017年の2月16日から3月15日の間に確定申告します。

2019年に入ってからの収入は含まないよにしましょう。計算が合わなくなってしまうだけではなくて多く納税をしてしまう可能性があります。

確定申告ははっきり言って面倒です。特に今までしたことがない人は慣れないことをするため気疲れするので腰が重いです。

しかし、先延ばしにしてギリギリで行くよりは行く日を前もって決めてなるべく早く行っておいたほうがいいです。

この時期の税務署は信じられないくらい激混みで遊園地の土日のアトラクション並みに並びます。特に最終週などはすごいです。

早めに済ませたいと考えている最初の週と最後の週はすごい並びますのでちょうど中間の時期がいいと思います。

ただ並ぶだけでも疲れてしまうので暇を潰せる雑誌や本などを持っておくことをオススメします。

普通徴収にチェックを入れる

会社勤めの方はで気をつけなければいけないのが「普通徴収」にチェックを入れるということです。

確定申告書の2面【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にあるのですが、この普通徴収にチェックを入れないと会社に届いてしまいます。

そうなると副業をしていると疑われてしまうことに成ります。

副業禁止の会社もあるので問い詰められてしまうかもしれませんが、その場合はオンラインカジノをプレイしていただけと伝えれば別に副業ではないので問題ないかもしれませんが、やはり疑いの眼差しを向けられてしまうので普通徴収にチェックを入れておきましょう。

とはいえ経理の人からしてみれば普通はあえて普通徴収にチェックを入れないのでチェックを入れただけで経理の人には何かしらの目を向けられてしまうものですが、副業ではないときちんと説明をしておけば問題ないと思います。

企業にお勤めの方でオンラインカジノで収益が出たら「普通徴収」にチェックを入れておいたほうが無難です。

まとめ

オンラインカジノをプレイする上で必ず税金が発生するというのは頭の中に入れておきましょう。

収支を毎日つけてどれだけ勝ったのか?損失はどれぐらいなのかを把握しておくことでのめりこみすぎの防止にもなります。

プレイした日と金額は記入漏れがないようにしておきましょう。

税金がかかると思って前もって用意さえしておけば問題なので確定申告漏れだけはしないようにしましょう。