カジノゲームのルール

バカラのルール

カジノの代表的なトランプゲームとして人気なのがブラックジャック、ポーカー、そしてもう1つ【バカラ】です。

バカラは別名【カジノの王様】【キングオブカジノ】と呼ばれており、特にアジアのマカオでは絶大な人気を誇っています。

マカオのカジノで一番人気が高く、一番高額のお金が動くバカラです。

オンラインカジノでもとても人気のあるバカラのルールについて説明します。

バカラのルール

バカラの簡単なルールと流れを説明します。

基本的にバカラはプレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか、または引き分けかを予想し、賭けるカードゲームです。

直接、ディーラーとカードで勝負をするわけではなくてどちらが勝つのかを予想するゲームです。

まず、ゲーム参加者は【プレイヤー】、【バンカー】、【タイ(引き分け)】のどれが勝つかを予想しチップを賭けます。

次に【プレイヤー】、【バンカー】のスペースにディーラーによりカードが配られます

ゲームの参加者により、カードがめくられます。この時に、カードをめくるのはそのテーブルで最もチップを多い人となります。

同額がいた場合はディーラーにより決められます。

もし、自分がプレイヤーになった場合は場の演出を盛り上げるためにゆっくりとカードをめくるようにしましょう。

カードの合計数により3枚目のカードが配布されることもあります。

そして2枚のカードの合計数によっては3枚目のカードは配られる事はありません。

プレイヤー、バンカー、引き分けの決め方は最終的に「9」または、「9」により近い数字を出した方に賭けた人の勝ちとなります。

カードの数え方として

【A】は【1】

【2~9】はそのままの数字

【J,Q,K】は【0】と数え、カードの合計が一桁上がった場合は下一桁の数字で数えます。

例えば、カードの合計が「11=1」「12=2」「13=3」となります。

バカラの基本用語

・プレーヤー(Player)  カードを先に配られる方のこと

・バンカー(Banker)   カードを後に配られる方のこと

・ディーラー(Dealer)  バカラでプレイヤーにカードを配る役目の人のこと

・アップカード(Upcard)  表向きのカードのこと

・オプション(Option)   3枚目のカードを引くか引かないか選択をすること

・ダウンカード(Down Card)  伏せられているカードのこと

・タイ(Tie)   引き分けのこと

・スタンド(Stand)   カードを引かずそのまま勝負すること

・ナチュラル(Natural)  どちらか最初に配られたカードの合計の1の位が8または9になることで、その場合は3枚目は引かずに勝負となる

・バカラ(Baccarat) カード合計が1の位のこと

バカラで一番白熱するシーンは何といっても【絞り(スクィーズ)】のシーンです。

【絞り】とは特にめくり方にルールなどはないのですが、簡単にめくったり、めくる時になかなかめくらず焦らしたり他の人からの注目を一気に浴びることを指します。

【絞り】をしたければそのテーブルで一番高額なチップを賭ける。高額なチップを賭けた人にだけ与えられる権利なのです。

この行為がしたいがために高額なチップを賭けるハイローラープレイヤーもいます。

みんなの視線が一気に自分に集中するドキドキ感はカジノゲームの中でもかなり興奮することでしょう。

ゆっくりと演出するようにしてください。

まとめ

バカラ自体は日本では浸透せず、バカラに近いルールの「おいちょかぶ」などがあります。

「おいちょかぶ」では直接ディーラーと勝負をするのに対してバカラはどちらが勝つかを当てるゲームですので多少の違いがあります。

それでもカジノの王様と呼ばれているバカラはオンラインカジノでも大人気ですし、ランドカジノでは常にテーブルに人が集まっています。

みなさんもバカラのルールを覚えてぜひ遊んでみましょう。