カジノゲームのルール

ブラックジャックのルール

カジノゲームで有名なゲームの1つ【ブラックジャック】名前は知っているけど遊び方、ルールがわからない人も少なくないと思います。

今回はその【ブラックジャック】について説明していきたいと思います。

【ブラックジャック】はカジノゲームの中で一番還元率が高く稼ぎやすいと言われていますので、遊び方、ルールを覚えてオンラインカジノでも勝負をしましょう。

【ブラックジャック】とは、一人の親【ディーラー】に対し複数の子【プレイヤー】でプレイし、カードの合計値を【21】に近づけつつ、しかし【21】を超えないようにするというシンプルな勝負です。

簡単に思えるかもしれませんが、いざゲームとなればディーラーとの間で心理戦をはじめとした駆け引きを行ったり、 カードの出現パターンなどを読んだり、といろいろあります。

実際にリアルマネーで勝負をすると楽しみは何倍・何十倍にもなります。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックの基本ルールを説明します。

・カードの合計値を【21】に近づけるようにする

・カードの合計値が【21】を超えたら無条件に負けになる

・【21】を超えない限り好きなだけカードを引ける

・ディーラーは合計値が【17】を超えるまでは強制的にカードを引く

になります。

ブラックジャックのカードの数え方として

・Aは【1】または【11】

・【2】から【10】まではそのままの数え方

・【J、Q、K】の絵札は【10】

と数えます。

ブラックジャックの基本用語

ブラックジャックの基本用語は

・【ディール(DEAL)】ディーラーがカードを配ること

・【ヒット(HIT)】追加でカードをもう1枚引くこと

・【スタンド(STAND)】カードを引かずに勝負すること
オープンカード(OPENCARD) 表向きに配られ、数値が公開されているカード

・【バースト、バスト(BUST)】プレイヤーとディーラー両方の手札の合計が【21】を超えてしまっていること
※プレイヤーがバーストすると、ディーラーの手札がどのような場合でもプレイヤーの負けになる

・【ダブルダウン(DOUBLE DOWN)】賭け金を増やしカードを追加で1枚引き勝負すること

・【スプリット(SPRIT)】同じ数字のカードが2枚配られた時にベットした金額と同額を賭けて手札を2つのハンドに分けること

・【サレンダー(SURRENDER)】最初に配られた2枚のカードの時点でディーラーに勝てないと判断した時に使う降参の宣言
※サレンダーを宣言すると賭け金の半分が戻ってくる

・【インシュアランス(INSURANCE)】保険という意味でディーラーがオープンした1枚目のカード(見せ札)がA(エース)の場合に、ベット額の半分を保険として差し出せる特殊ルール。

ディーラーがブラックジャックだった場合は、ベット額と保険として差し出したインシュアランス額の合計額が返還される。

・【プッシュ(PUSH)】プレイヤーとディーラーの手札が同数により、引き分けになること

・【ブラックジャック(BLACK JACK)】最初に配られた2枚の数値がA(エース)と10、J、Q、Kの4つのいずれか1枚の組み合わせだった場合、賭け金の2.5倍の払い戻しを受けられる。

ブラックジャックのゲームの流れ

・プレイヤーが賭け金をベットします。空いている席に座ったらベッティングスポットにチップを置きます。

・ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配られます。プレイヤーのカードは2枚とも表向きで配られ(オープンカード)ディーラーのカードは1枚のみ表向きに配られる

・ディーラーのオープンカードとプレイヤーの手札を比較し、ヒット、スタンドなどのアクションを決める

アクションによってプレイヤーの手札が【21】を超えてしまったらこの時点でバーストとなり負けとなります

・全てのプレイヤーのアクションが完了したあと、ディーラーの裏向きのカードが公開される

・ディーラーの手札の合計数が【17】以上になるまで、ディーラーはカードを引く これによりディーラーの手札は合計数「17~21」またはバーストとなる。

まとめ

オンラインカジノの中で人気が高いのがライブカジノです。

その中でもトランプゲームの中で1・2位を争うのがブラックジャックです。

ルーレットも楽しいですが、日本でもポピュラーなブラックジャックはぜひともライブカジノでプレイしてほしいです。

相手のカードを予想するなどさまざまな要素がある【ブラックジャック】を楽しみましょう。